スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心して行きなさい。

「あなたの信仰があなたを救ったのです。 安心して行きなさい。」
                       新約聖書(ルカの福音書7章50節

 私たちの日々の歩みにおいては、大なり小なり、恐れ、不安のある毎日ではないでしょうか?職場(近所)の人間関係、親子関係、夫婦関係、社会への不安、未来への不安、様々な問題が私たちを取り巻いています。
 ですが、私の信じているイスス・キリストは、上記のことばのとおり語られています。

     「安心して行きなさい」と・・・

 この言葉は、聖書の中に出てくる「長血を患った女性」の話から、語られたことばです。この長血を患った女性は、長く病気によって苦しみ、また多くの医者からもひどい目に遭わされ、多くの人からさげすまれてきました。ですが、イエスさまに出会ったことによって、彼女の病気はいやされて、病気から解放されました。そして、イエスさまは、彼女に言われました。「あなたの信仰があなたを救ったのです。 安心して行きなさい。」と。なぜ、このように言われたのでしょうか?それは、彼女のうちには、もう1つの病があったからだと思います。

       それは、「心の傷」。

 医者達からひどい目に遭わされ、多くの人々からさげすまれてきた、心の傷をもっていたからです。おそらく、彼女の中には、将来に対する不安があったにちがいありません。
 イエスさまは、彼女に、「あなたの信仰があなたを救ったのです。 安心して行きなさい。」と語りかけることによって、彼女の心を癒されたのです。

 今の私たちにもイエスさまは、同じように語りかけられています。
 もし、私たちのうちに不安や恐れがあったとしても、イエスさまを信じるなら、必ず
解放してくださいます。

 私もかって、不安と恐れの人生を送っていましたが、この方、イエス・キリストを信じることによって、希望と喜びに満ちた人生に変えられました。
 ただ、決して問題が起きなくなったという訳ではなく、起きてきた問題に対して、神さまの助けをいただいて、乗り越える力が与えられるのです。

 今、私は、平安のうちに歩んでいます。
 イエスさまが言われた「安心して行きなさい。」という言葉によって・・・
スポンサーサイト

テーマ : クリスチャンの生き方
ジャンル : ライフ

主への感謝

久しぶりの更新。。。
ずいぶんと間を空けてしまいました。
今回は、神さまへの感謝をブログにしたいと思います。

   「主に感謝するのは、良いことです。
    いと高き方よ。あなたの御名にほめ歌を歌うことは。」
                       旧約聖書 詩篇92篇1節
   「わがたましいよ。主をほめたたえよ。
    私のうちにあるすべてのものよ。
    聖なるみ名をほめたたえよ。
    わがたましいよ。主をほめたたえよ。
    主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
    主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、
    あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
    あなたの一生を良いもので満たされる。
    あなたの若さは、わしのように、新しくなる。」
                       旧約聖書 詩篇103篇1?5節
人は誰でも多かれ少なかれ、問題が起きてきます。しかしながら、私たちキリスト者は、それを偶然に起きてきたものではなく、神さまの御手の中にあることを信じています。
人は問題が起きてきたときに、それを人間の善悪の基準で、事を判断したり、また人に責任転嫁したり、つぶやいたり・・・
でも聖書の言っている神さまが願っていることは、私たちがどのような状態にあったとしても、そこから私たちが勝利することを願っておられます。
私の信じている神は「全知全能の神」。
神さまにとって不可能なことはありません。もし私たちが、神さまに信頼し、期待し、祈るなら、必ず力が与えられて、勝利し、乗り越えることができます。私たちクリスチャンは、ここに「希望」があるのです!

先週、私も少し気持ちがブルーっぽかったのですが、神さまの前に出て祈ると、今までの人生における感謝を祈るように導かれ、感謝できること、1つ1つ感謝していきました。
主がしてくださった、すべての事について・・・
すると、ブルーだった心が解放されて、否定的だった思いが、肯定的に変わることができました。

上記のみことばのとおり、主の良くしてくださった事を忘れることなく、いつも感謝して、歩みたいものです。

テーマ : クリスチャンの生き方
ジャンル : ライフ

心を注ぎ出せ。


「民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。 あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。
神は、われらの避け所である。」
                       旧約聖書 詩篇62篇8節


最近、私が心にとまる聖書のことばです。
何人かの人に送ったみことばでもあるのですが、私自身もこのみことばから教えられています。。。私たちが、生活を送ってきていると当たり前のように、多数の問題や悩み事が起きてきます。それが、職場であったり、人間関係であったり、親や子供、夫婦であったり・・・様々なことで、煩わされています。。。

先日、私もあることで悩んでいました。(と言うよりも考え込んでいた)考えても、考えても、答えを見いだせず、「もういいか・・・」と思っていたり・・・
そんなとき、上記のみことばが示されたのです。
「あっ?と」思ったのです。
悩んでいる事柄をどうするかだけに心を向けて、神さまの前に出て、みこころを求めていることをしていなかったことに気づきました。
これでは、いかんと思い、早速、すべてを神さまに委ねて、心を注ぎ出して、信頼して、祈りました。すると主からのことばがありました。

上記のみことばには、私たちの心を神の御前に注ぎ出せと書いてあります。私たちがどうのような状態にあったとしても、神さまは愛し、受け入れてくださっています。だからこそ、自分の内に隠るのではなく、心の内を主に知っていただいて祈ることが大事です。

最善の道、解決の道は、神さまのうちにあります。
神さまに信頼してともに歩んでいきたいです。

テーマ : クリスチャンの生き方
ジャンル : ライフ

聖書通読

 土曜日のこと。
 妻と二男を連れて、BO▲KO▲Fに行くと、何と聖書が600円売っていた。中古とはいえ、とても綺麗だったので、2階専用通読専用の聖書として買った。どこの誰かが、売ったのだと思うが、少々寂しい気がした。

 2月に入って、5月までに聖書をすべて通読しようと思い、聖書通読表をつけようと決心。聖書通読表をインターネットで検索するとあるは、あるは。エクセル形式、PDF形式とファイル別にアップされているし、さらには、通常用のはか、1年用、6ヶ月、3ヶ月、・・・2週間用ってのもある。素晴らしい。。。作って下さった方に感謝!!早速ダウンロードしてつけるようにした。

 「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓
練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのた
めにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」
               新約聖書 テモテへの手紙第二3章16?17節

 昔、私の尊敬するクリスチャンの方から、「聖書にはすべてのことが書かれている。」と言われたのを覚えている。確かに、私もこの聖書によって、多くの問題の解決を得てきた。ある時は励まされ、力与えられ、解放され・・・。
 なぜなら、聖書は上記のみことばにあるように、天地万物を創られた神さまが書かれて書物であるからだ。だからこそ、人間に対して、真の励ましと力、解放、平安を与えることができる。。。もし、私たちが、求めて、聖書を読むならば、必ず回答を見いだすことができる。
 今回、私が聖書通読のテーマとして「聖書に何が書かれているか?」をテーマにして学んでいきたいと願っている。今まで学んで来たことだけでなく、もっと新しい真理に目覚めたいと心から思う。

テーマ : キリスト教(プロテスタント)
ジャンル : ライフ

過去の聖書のメッセージ集、発見。。。Part3

今回は過去の聖書のメッセージ集を紹介したいと思います。

11年前の岡山地区KGKOB会での証しです。よろしければ読んでください。

「信仰生活を振り返って」

 主の御名をほめたたえます。
 今年で信仰をもって、はや11年になります。今回、証しをするにあたり、もう一度11年間の信仰生活を振り返ってみました。
 信仰告白したのは、高1のクリスマスごろで、高2で受洗しました。このころは、純粋で、教会へ誘ってくれた従兄弟に見習って、友人に伝道し教会に誘うと、やってはみたところ、なかなか受け入れてくれず、「自分はダメなクリスチャンだ!」と思って、やる気をなくし、ずっと、落ち込んでいて、中途半端な生活を送っていました。
 こんな生活をしていた私でしたが、ある時、主から1つのビジョンが与えられ、「クリスチャン生活こんなものではない。」と思うようになり、また主によって一人の教会の姉妹と出会い、多くの問題、悩みについてアドバイスを受けて、解放され、「主のために喜んで従おう、もっと成長しよう」と思うようになりました。熱心な思い,時の勢いと若さでもって、教会での中高生の働き,KGK(キリスト者学生会)の働きを主のためにやってきました。
 ですが、ある時、下から追い上げてくる若い兄弟の勢いと自分の限界を感じてしまい、元気をなくしてしまい、また同時に職場が人事異動により変わり、そこで人間関係に悩みました。
 でも、その中で主から教えられて、今までは自分の思うところ、良いと思うことをやってきたのですが、そうではなくて、主に従うという前提をもとに、「今、主が導いていることは何か、聖霊様が何を導いておられるか、何をするように思っておられるか」ということに目を留め、そのことを従い、行動するということを教えられて、今に至ってます。
 イスラエルの民が上のみことばのように主に導かれて歩んだように、私も聖霊様によって導かれて歩むようになりたいと思っています。


『主は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んでいくためであった』
              旧約聖書 出エジプト記13章21節

 『神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。』
              新約聖書 ローマ人への手紙8章14節
 
長い文章を最後まで読んで下さって、感謝します。
FC2カウンター
プロフィール

ARISTRIST

Author:ARISTRIST
I'm クリスチャン
職 業:公務員    
趣 味:格闘技、パソコン、
カメラ
得意技:STF、サソリ固め
好きなレスラー:蝶野正洋,藤波辰爾
好きな食べ物:プリン
長期ビジョン:5kg以上や

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。