スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時期・・・

 朝夕も、スカッリ涼しくなり、秋を感じさせられるこの頃。
 でも、ぶら?り写真撮影という訳にもいかず、ただただ、紅葉の秋を待つばかり。。。この時期と言えば、あいつのことを思い出す。そう!台風くんだ。こいつは、仮面ライダーのように何号と名前をつけている。しかも芸名も・・・・こいつには、2年前にこっぴどくやられた。
だから、この時期になると思い出す

 私の以前の職場は、下水道施設の設計・工事監理と維持管理が主な仕事であった。私の業務は設計・工事監理の方であったが、緊急時には、下水処理場に応援部隊として行く。
 2年前も台風が来るということで、下水処理場の方に応援で行っていた。しかしながら、海の満潮と台風の影響により、80年に1回と言われる高潮が襲いかかり、下水処理場と2ヶ所の中継ポンプ場が水没してしまった。特に処理場にいた私は、処理場の地下が浸水しているのを見て
驚きが隠せなかった・・・
 地下のフロワーから約2.5m程水位が上がり、機械設備も電気の配電盤も照明も、あれよあれよと言う間に浸かってい??く。言葉もなかった。私も以前この処理場で働いていたことがあったが、こんなことになるとは夢にも思わなかった。いや、これだけの最新設備が何があろうともダウンする訳がないと感じていたはずだったが、見るも無残な姿になっていた。
 確かにこの処理場は、ありとあらゆる計算をして、最新のプラント設備(機械設備&電気設備)を導入し、一流メーカーに施工させて一流の技術力で出来たはずであったが、、、見事なまでに水没し、機能停止してしまった。
 災害は、これだけではなかった
 この日を境に、地獄のような残業と上司からのプレッシャーが待っていたのだった。
 「2ヶ月くらいは、日曜日の礼拝も難しいかも・・・」と気が遠くなるような感じで、少々落胆し、毎晩遅くまで残業し、土曜日出勤をしていたのですが、何と幸いにも、神様が不思議な方法をもって、日曜日の礼拝だけは、神様が守られて、礼拝を守ることができたのです。。。

 これらのことを通していろいろなことを学んだ。1つは、処理場が災害のため機能停止したことと人の人生が同じであること。いくら人間が出世し、成功を収めて、地位や名誉を得たとしても、それがいつまでも続くとは限らない。何かのトラブルで、いつ環境が変わるか人にはわからない。ただ神様が許されている間、そのことを喜ぶことができるのだと・・・

 「人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、
               何の得がありましょう。」
               新約聖書マルコによる福音書8章37節

 2つ目は、あきらめないで、失望せずに祈ること。
 私たちクリスチャンは、すべての出来事は、決して偶然ではなく、神様の計画があると考える。だから、いろんな状況の中で、クリスチャンは、神様に祈ることができる。
 当時の私もそうであった。最悪の状態で、礼拝が守れないかも」と感じたからこそ、熱心に祈った。なぜなら神様にとって不可能なことはないからだ。その祈りは聞かれ、私は礼拝に行くことができた。。。
 今のこの時期、これらのことを思い出す。
 このとき教えられたことを忘れず、毎日を過ごしたい。

 
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ARISTRIST

Author:ARISTRIST
I'm クリスチャン
職 業:公務員    
趣 味:格闘技、パソコン、
カメラ
得意技:STF、サソリ固め
好きなレスラー:蝶野正洋,藤波辰爾
好きな食べ物:プリン
長期ビジョン:5kg以上や

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。