スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリスト者の誇り

 私は、洗礼を受けて今年で22年目である。
 最初のころは、自分がキリスト者であることを堂々と言うことができず、また多くの失敗や苦い経験を繰り返していたものだ。 
 だが、今は違う。いや私自身を主によって変えられてきたのだ。自分自身を変えるには、決心とキリスト者としての生き方を明確にする必要がある。
 私が目覚めたのは、1人のプロレスラーの一言から始まった。「飛んだり、跳ねたりするエンターテメントのプロレス、見せるプロレスではなく、真剣勝負のプロレスをしたい。」この言葉に打たれて、私のキリスト者としての生き方を考えさせられた。「自分は、キリスト者と言いながら、隠れクリスチャンのように歩んでいる。また、未信者であったころと何ら変わらない歩みをしている。私もリアルなキリスト者、すなわち聖書に書いてあるような生き方をしたい。」そのように思い、その日から祈り続けた。 そのプロレスラーは、キック,サブミッション(間接技)を中心としたプロレスを展開していった。私もそこから、ヒントを得て、「証しと祈り」を中心とした歩みを目指していった。そして今がある。
 話せば長くなるので、このへんで終わるが、主は、あるゆる方法をもって、私たちを教えてくださる。「えー!、プロレスから?」と人は思うかもしれない。でも私にとっては、きっかけになったのである。主はすばらしい方である。プロレスを通してでも、私を教えることができる方である。 今は、はっきりということができる。自分が「キリスト者」であることを。またキリスト者であることが誇りであることを!
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロレスからだって良いじゃない

こんにちは!
素晴らしい証をありがとうございます。
洗礼を受けて3年目頃、クリスチャンとしての自分に疑問を持ち、マンネリが続き、離れてしまう人も多いですよね。
きっかけがプロレスであっても不思議ではありませんよね。主はどんな方法で気付かせてくださるか解りませんからね。
今日も素晴らしい日でありますように・・・

我々も霊的な格闘家ですよ!

約17年前、私が以前いた教会に一人の黒人青年が訪れました。
彼は元インドネシアチャンピョンのプロボクサーでした。
でも、私たちが舌を巻くほどの熱心なクリスチャンでした。
Kー1ファイターのマイク・ベルナルドも熱心なクリスチャンです。
プロレスラーからの一言、全然不思議ではありません!

teketekeさん>
イクスーシアさん>

あたたかいコメントありがとうございました。神様は、どんなことからでも、真理を示してくださるということは私の確信です。
私は、格闘クリスチャン。。。
私の内は、燃える闘魂で、神様に信頼して歩んでいます!

そういえば

馬場さんもクリスチャンだし、スタンハンセンもクリスチャン
ですね太字の文

狼女さん>
えっ!馬場さんもハンセンもクリスチャン・・・知らなかった。。。
プロレスラークリスチャンって、結構多いのですね。
私の知っている範囲では、ロードウォリヤーズのアニマル、テッドデビアスもクリスチャンって聞いています。
FC2カウンター
プロフィール

ARISTRIST

Author:ARISTRIST
I'm クリスチャン
職 業:公務員    
趣 味:格闘技、パソコン、
カメラ
得意技:STF、サソリ固め
好きなレスラー:蝶野正洋,藤波辰爾
好きな食べ物:プリン
長期ビジョン:5kg以上や

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。